【モンスト】構成→鬱とグロ。一体何なんだろう・・・

5


最新の人気記事

68: 名無し@モンストJAPAN
アニメのモンストってところどころグロい感じがあって鬱っぽいよな
イザナミもグロゲチョっと食べられたし
ルシファーSSも悪魔たちにモンスターを集団レイプさせる技になってるし
なんか表現がグロいんだよなぁ。
爽やかさや面白さがなくて全編通して鬱とグロで出来てるだろ
なんなだろうな。何がしたいんだ?中高生くらいはこういうのが好きなのかな

69: 名無し@モンストJAPAN
じゃあどういうのが見たいんだよ
萌え萌えしてなきゃ嫌だーって?小学生以下の感性だぞそれじゃ

73: 名無し@モンストJAPAN
>>69 なんかね、モンストの世界観
スマホで遊んでるモンストが実際にはこういうイメージなんですよ
っていう表現としては凄い暗いんだよね。
ゲーム自体はカンカンでスココーンなんだけど
じゃあルシファーやイザナミ、合成や神化のイメージをアニメから得ると
人間型はSSのセリフ以外は基本喋らず、雄叫びや鼻息だけの存在で
合成や神化はモンスターを捕食で行われてて
パートナー的なモンスターを呼び出しては死なせてまた呼び出して死なせて
なプレイヤー達が情がないキチガイに見えてくる
わっかんないんだよね、あの世界におけるモンスターの立ち位置というか
プレイヤーがどうモンスターを捉えているのかが。

74: 名無し@モンストJAPAN
アニオタでもあるしモンストプレイヤーでもあるけど
完全に迷子だもんな俺。
このアニメさっぱり分からん。迷子だよ

76: 名無し@モンストJAPAN
まだデッドラビッツがセクシーローラーと戦ってる所までしか見てないな

79: 名無し@モンストJAPAN
アニメのモンストを見ていて正しく理解出来てる人なんているのだろうか
女神転生の世界観と遊戯王やポケモンの世界観がいい感じに脳内補正をかけてるけど
ところどころで矛盾が生じてて意味不明になってて
闘神やオラゴンの住む世界が存在して、モンスターには意思があって
アプリで呼びだされてるような表現もあれば
そのモンスターが串刺しになって死んでも戦いが終わればリセットで
プレイヤーはモンスターの死に胸を痛める様子もなくデータに過ぎないのかと思えば
ルシファーが普段着で渋谷をうろついてCD試聴中で物理的に存在してたり
わけわかんねえだろ

86: 名無し@モンストJAPAN
>>79
俺も見ててわけわかんねーって思ってたけど考えるのやめた

80: 名無し@モンストJAPAN
そんなに深く考えながら見てる事がわけわかんねぇよ

84: 名無し@モンストJAPAN
モンストアニメのEDに出てるキャラが本編に出る場合
神化アリスと進化ガブリエルは内定っぽいけど。アラミスら三銃士とか主人公っぽいのは出ないんだろうか
持ちキャラ的にレンが坂本。ナポレオンが葵と来れば皆実とアキラも?だろうし



88: 名無し@モンストJAPAN
せっかくアニメやってんだからアニメコラボクエストとかやれば良いのに
アニメ版ルシ様がボスでオラゴンがドロップするとかでオラゴンの強化次第ではオラゴン運極にしたいって声も高まるだろうし

118: 名無し@モンストJAPAN
アニメの展開が3ds版と大体は同じようだけども
一気にもうどうでもよくなって、モンスターが動いてアニメすればいいやってなった。

120: 名無し@モンストJAPAN
俺は忘れてたぜ。
あのアニメはスマホ版じゃなくて爆死特価販売中の
出荷本数だけ100万本で実売はワゴン常連なモンスト3DSのアニメだという事を
膨らませてきたオルタナティブドラゴンへの進化や
神化アリスやガブリエルの登場が3ds版にいないからねえよ!
という事を…サービスで背景に出るくらいしかできないって事をな!

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/iPhone/1460870540/

こちらの記事も要チェック!

snj2015.10.21.09
管理人コメント
神威がざくざくやられるシーン、エヴァの映画でアスカが量産型だっけ?にざくざくやられるシーンを思い出した

コメント

  1. 名無し@モンストJAPAN 2016/04/18(月) 18:52:43 返信

    管理人エヴァ好きだったか。
    俺もエヴァ好きだ。
    つか、旧劇場版の話だしw

  2. 名無し@モンストJAPAN 2016/04/18(月) 19:29:42 返信

    好き、というわりにはあやふやすぎる発言という

  3. 匿名 2016/04/18(月) 20:20:15 返信

    1話で切ったけど、1話からでは全く想像できない雰囲気になってるんやな
    スマホ弾いて戦うのがマヌケすぎて見ないけど

トップへ戻る