『モンスト』結局ツクヨミの加速はウリエルとシンドバットどっちがいいの?

1394

18: 名無し@モンストJAPAN
結局ヨミの加速はウリエルとシンドバどっちがいいんだよ
ウリで貫通で固めてるけど反射ってどーなん?



25: 名無し@モンストJAPAN
>>18
反射もいいがシンドは攻撃力低くていまいち

26: 名無し@モンストJAPAN
>>18
どっちでもいいよ
俺はSS強いシンドバッド使ってる

32: 名無し@モンストJAPAN
>>25
27000だったか8000だったかあったと思うけどあれって低いん?

49: 名無し@モンストJAPAN
>>32
いや>>25が頭おかしいだけ
ワンパン・加速・号令で弱いわけない
超適正だから安心して使っていいよ

50: 名無し@モンストJAPAN
>>25
すまん、シンドバッド持ってない雑魚?

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/iPhone/1441508695/

ウリエルssゴミすぎてラスゲ安定しにくい(°_°)
シンドバットはツクヨミ戦での加速枠の中だと個人的にさいつよ
ツクヨミちゃんは割と慣れたし⊂((・x・))⊃シンドバット強すぎ⊂((・x・))⊃
シンドバットいれて加速2にしたらツクヨミ捗る捗る
シンドバット
使いやすかった✨
今日から
ツクヨミも運極めざす✨
ソロだけど
10体確保(^○^)
いまラック13(T ^ T)笑
ふちゃもさん ツクヨミお疲れ様
シンドバットかなり使えた☺
運極おめでとう?
シンドバットとゾロいるからツクヨミたのしすぎる
ツクヨミ戦✨( ^ω^ )
今から仕事だから4回しか出来なかったけど、なんと8ドロ(((o(*゚▽゚*)o)))
めちゃ落ちた( *`ω´)

フレでしか使ってないけどシンドバットいいね✨
すごい安定した( ´ ▽ ` )ノ

シンドバットいたから初めて使った!
八雲かとおもったら違って誰も弾かず焦った!笑
久々のツクヨミ楽しかった ₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾
もうツクヨミ対策ガチャ限ならシンドバット一強すぎてウリエルが可哀想に思える

コメント

  1. 匿名 2015/09/06(日) 18:09:51 返信

    ツクヨミ戦ってボス2のティアマトをいかに早く倒せるかだから、個人的にはウリエル他光貫通で固めた方が安定する

  2. 匿名 2015/09/06(日) 18:34:15 返信

    同じく。ティガックス、進化ゴースト、ウリかシンドバッド、神卑弥呼で、
    ウリとシンドバッドでどっちがいいか悩んでたけど、ウリSSの使いどころさえ間違えなければ、
    安定、周回速度共にウリのほうがいいのかも

  3. 匿名 2015/09/06(日) 18:45:07 返信

    ウリエル下げてるやつはSSの使うタイミング分かってなさそう

  4. 匿名 2015/09/06(日) 19:42:04 返信

    俺も余裕でウリエル派だな。
    貫通で雑魚処理に事故がないし、SS使わなくてもド安定。
    平均6〜7分で終わる。

  5. 匿名 2015/09/06(日) 20:29:54 返信

    シンドバット引いたけど慣れてるウリエル使ってるわ

  6. 匿名 2015/09/07(月) 01:18:59 返信

    ウリエルのSSは事故少なめで行ければ次ステージのボスのHP半分飛んでたりすることザラだからな
    それ踏まえてもシンドバットの方がSSは圧倒的に優位だとは思うけど
    ただ安定感考えると火力、貫通とウリエルの方が使いやすいと思うな
    シンドバットはパワーダウンされるとワンパンできなくなって、事故の原因が基本的に反射キャラがハマることだろうし
    事故さえなければ号令もあまりいらない
    まぁ絶対に事故起こしません!って人はシンドバットの方がいいだろう
    パワーダウンくらわなくて反射でも常に雑魚を狩りきれるのならシンドバットが負けてるのは素殴りの威力くらいだ

  7. 匿名 2015/09/07(月) 01:26:07 返信

    ツクヨミは雑魚処理ゲーだから、攻撃力下げられてもワンパン出来るうえにヒット型が貫通のウリエル使ってる

  8. 匿名 2015/10/09(金) 18:39:13 返信

    やっぱ上級者はウリエルだよね。
    ツクヨミの1番面倒くさいところはボス2。
    貫通光属性のウリエルならティアマト弱点狙えば1発で仕留められる。
    ナポ、シンドバッドも持ってるけど、ボス2でパワーダウン食らうと状況がかなり悪化する。
    ソロならウリエル+劉備+チヨ+クレパトが最安定。
    光属性以外はパワーダウン時本当荷物だからなぁ

トップへ戻る